ほしひめ(たかじょうどの)

1540?~1582?

享年43歳。

伊東義祐の娘。

大隅国の戦国大名・肝付家十七代目当主・肝付義兼に正室として嫁ぐ

三男一女(一説には二女)を産んだが、男子は嫡子とはならなかった。

良兼の跡目は、良兼の娘婿となった弟の兼亮が継いでいる。

1576年、伊東家と肝付家の間で不和が生じ、

星姫は離縁させられ、実家の日向国へ戻った。

のちに杉田宗盛に再嫁した。

のちに「高城殿」と呼ばれたことから、日向国高城に居したと思われる。