「2019年6月」の記事一覧

織田 秀信

キリシタン 織田家 豊臣家

おだ ひでのぶ 1580-1605 享年26歳。 ■三法師、正三位中納言、三郎、岐阜中納言、洗礼名:ペトロ 織田信長の嫡孫。織田信忠の嫡子。 織田宗家の跡取りなれど、豊臣秀吉の傀儡とされ、 織田宗家を継ぐも、天下餅は譲ら […]

太原 雪斎

今川家

たいげん せっさい 1496-1555 享年61歳。 ■別名:崇孚(すうふ) 戦国時代の軍師僧である。 駿河・遠江・三河を領した名門・今川氏に仕え、今川義元の軍師として活躍した。 父は駿河国庵原城主・庵原政盛(左衛門尉) […]

今川 氏真

今川家

いまがわ うじざね 1538-1615 享年78歳。 ■龍王丸、彦五郎、五郎、仙厳斎、宗誾 今川義元の長男として生まれる。 和歌や連歌、蹴鞠など京文化一色に染まりながら、成長する。 桶狭間の戦いでは、父・義元の討ち死にだ […]

今川 義元

今川家

いまがわ よしもと 1519-1560 享年42歳。 芳菊丸、梅岳承芳、治部大輔 ”東海道一の弓取り”と評された戦国大名。 名門今川家第11代当主。 今川氏親の五男として生まれる。4歳で仏門に入り、 駿河国富士郷瀬古にあ […]

南光坊 天海

徳川家

なんこうぼう てんかい 1536-1643 享年108歳。 ■随風、院号:智楽院  陸奥国にて、三浦氏の一族である蘆名氏の出自とされる。 龍興寺にて、随風と称して、出家した。 14歳の時に下野国宇都宮の粉河寺の皇舜に師事 […]

真田 幸村

武田家 真田家 豊臣家

さなだ ゆきむら 1567-1615 享年49歳。 ■弁丸、源二郎、源次郎、左衛門佐、信繁、  好白斎、伝心月叟 真田昌幸の次男。 大坂の陣にて比類なき無双の突撃を成し、 後世に語り継がれる”日本一の兵”と評された。 武 […]

真田 信之

徳川家 武田家 真田家

さなだ のぶゆき 1566-1658 享年93歳。 従五位下、伊豆守、従四位下侍従 ■源三郎、信幸、当斎 真田昌幸の長男として生まれる。 当初は、真田家三男であった父昌幸が 武藤姓を名乗っていたが、長篠の戦いにて、 真田 […]

真田 昌幸

武田家 真田家

さなだ まさゆき 1547-1611 享年65歳。 ■従五位下、安房守、源五郎、武藤喜兵衛 ■真田幸隆の三男。武田信玄・勝頼の2代に仕えた。 信濃先方衆となり、地方領主として、武田勢の一翼を担う。 織田軍侵攻においては、 […]

秋山 信友

武田家

1527-1575 享年49歳。 ■虎繁、春近、晴近、信近 ”武田の猛牛”と評され、その剛勇を恐れられた。 信濃国大島城に拠り、美濃の斎藤氏の備えを勤めた。 織田軍の進撃により、岩村城の戦いが起こる。 信友は武田勝頼から […]

安藤 守就

斎藤家 織田家

あんどう もりなり1517?-1582享年66?歳。名称:範俊、定治、平左衛門尉、日向守、    伊賀守、竹巌道足居城:美濃国北方城 ■安藤守利の子。西美濃に勢力を張る  有力国人で、守就は西美濃三人衆の一人に  数えら […]

氏家 卜全

斎藤家 織田家

うじいえ ぼくぜん1519?-1571享年53?歳。名称:友国、直元、常陸介、貫心斎卜全居城:美濃国楽田城→美濃国牛屋城 ■牧田城主・氏家行隆の子。  母は土岐氏の重臣・長井家の娘。 土岐頼芸に仕え、土岐氏が美濃から   […]

稲葉 一鉄

斎藤家 織田家

いなば いってつ1515-1588享年74歳。名称:通以、通朝、貞道、長道、良通、彦六、    似斎、洪圭斎、法印、宗勢、右京亮、    伊予守居城:美濃国曽根城→美濃国清水城 ■美濃国人・稲葉通則の子。  母は国枝正助 […]

斎藤 長竜

斎藤家 織田家

さいとう ながたつ1553?-1582享年30?歳。名称:新五郎居城:美濃国加治多城 ■斎藤道三の子。義龍の弟。 斎藤家が滅亡すると、織田家に仕えた。1578年織田軍が越中に侵攻すると長竜は  これに従軍。同年10月に上 […]

斎藤 龍興

斎藤家 朝倉家

さいとう たつおき1548-1573享年26歳。名称:喜太郎居城:美濃国稲葉山城 ■斎藤義龍の庶子。1561年に没した父・  義龍に代り、斎藤家の家督を継ぐ。 龍興は幼少の頃から暗愚との噂が立ち、  龍興自身も家督を継ぐ […]

斎藤 義龍

斎藤家

さいとう よしたつ1527-1561名称:新九郎、玄龍居城:美濃国稲葉山城 ■斎藤道三の嫡男。一説には、美濃国守護の土岐頼芸の庶子と  言われている。義龍の母が、頼芸の愛妾・  深芳野であったため、頼芸の子と噂された。  […]

斎藤 道三

土岐家 斎藤家

さいとう どうさん1494-1556享年63歳。名称:蜂丸、法蓮坊、松波庄九郎、    西村勘九郎、長井新九郎、    斎藤利政、斎藤秀龍、   左近大夫、山城守居城:美濃国稲葉山城→美濃国鷺山城 ■下克上を生き、国盗り […]

山中 幸盛

尼子家

やまなか ゆきもり1545?-1578享年34?歳。名称:鹿介、鹿之介、鹿之助、鹿助、甚次郎、亀井甚次郎 ■山中満幸の次男として生まれる。 初め、尼子氏の重臣であった亀井氏の養子となるが、後に 兄・幸高に代り、山中家を継 […]

尼子 誠久

尼子家

あまご まさひさ1525?-1554享年30?歳名称:式部大輔居城:新宮谷城 ■尼子氏最強軍団・新宮党を率いる 尼子国久の長男として生まれる。  新宮党の若きリーダーとして活躍するも、 1554年元旦、父・国久が尼子家当 […]

尼子 国久

尼子家

あまご くにひさ1500?-1554享年55?歳名称:孫四郎、刑部少輔、紀伊守居城:新宮谷城 ■名将・尼子経久の次男。尼子氏最強の戦闘集団・ 新宮党3000騎を率いる頭目となる。 父・経久に従い、中国各地を転戦。 尼子軍 […]

尼子 経久

尼子家

あまご つねひさ1458-1541享年84歳。名称:又四郎、民部少輔、伊予守居城:出雲国月山富田城 ■出雲国守護代・尼子清定の嫡男。 父の跡を受け、出雲国守護代を務め、 本国・近江守護の京極家の臣下として、 領地経営を行 […]

尼子 勝久

尼子家

あまご かつひさ1553-1578享年26歳。名称:孫四郎居城:上月城 ■新宮党の嫡子・尼子誠久の子。1554年元旦、新宮党が尼子晴久によって 滅ぼされると、勝久は小川重遠によって、 助け出され、その後は上洛して東福寺に […]

尼子 義久

尼子家

あまご よしひさ1535?-1610享年76?歳名称:三郎四郎、右衛門督居城:出雲国月山富田城 ■尼子晴久の長男として生まれる。嫡子として  尼子家当主として期待を受けて育つ。 父・晴久が毛利氏との合戦で石見へ出陣中に […]

尼子 晴久

尼子家

あまご はるひさ1514-1560享年47歳名称:三郎四郎、民部少輔、従五位下、修理大夫、詮久居城:出雲国月山富田城 ■尼子家中興の名将・尼子経久の孫。 尼子経久の嫡子・政久の子として生まれ、  尼子家嫡流として育つ。父 […]

長船 貞親

宇喜多家

おさふね さだちか1540?-1588享年49?歳。 名称:又三郎、又右衛門、越中守居城:播磨駒山城、備前津高郡虎倉城 ■宇喜多家重臣。  主君・宇喜多直家の近習を勤めていた。 ■1567年、宇喜多直家VS三村元親との  […]

戸川 秀安

宇喜多家

とがわ ひでやす1533-1592享年60歳。 名称:正利、平介、平右衛門、肥前守、従五位下居城:備前児島城、備前常山城 ■宇喜多直家の重臣。  戸川定安の子。 ■1543年、宇喜多直家が浦上氏に仕えると、  秀安はこれ […]

長船 綱直

キリシタン 宇喜多家

おさふね つななお1559?-1598享年40?歳。 名称:紀伊守 ■宇喜多家重臣・長船貞親の長男。   1594年、綱直は、宇喜多方の普請奉行を務め、   伏見城の普請工事を行う。  この時、綱直は有能な裁量を見せ、 […]

岡 利勝

宇喜多家

おか としかつ1532?-1592享年61?歳。 名称:平内、豊前守居城:備前肩背城→備前白石城 ■宇喜多直家の重臣。  直家の宇喜多家勃興劇の最初から参加した人物。  宇喜多家三家老の一人に列する。 ■1573年、宇喜 […]

宇喜多 春家

宇喜多家

うきた はるいえ1532-1600?享年69?歳。 名称:多二郎、六郎兵衛、河内守居城:備前砥石城→備前金川城 ■宇喜多興家の次男。  異母兄・直家を助け、宇喜多家勃興に貢献した。 ■1559年、兄・直家に従い、砥石城攻 […]

宇喜多 忠家

宇喜多家

うきた ただいえ1535?-1599?享年65?歳。 名称:七郎兵衛、出羽守居城:備前沼城→備前富山城  ■宇喜多興家の三男。  長兄・宇喜多直家を助け、宇喜多家勃興に貢献した。 ■有能な参謀役として、兄・直家を助け、 […]

宇喜多 秀家

宇喜多家

うきた ひでいえ1572-1655享年84歳。 名称:八郎、家氏、成元、侍従、左中将、参議、中納言居城:備前岡山城 ■宇喜多直家の嫡子。  幼くして、父・直家を失うと、秀家は  叔父の忠家らに補佐されて、宇喜多家当主とな […]

宇喜多 直家

宇喜多家

うきた なおいえ1529-1581享年53歳。 名称:八郎、三郎右衛、涼雲星友、和泉守居城:備前乙子城→美作庄山城→備前沼城→    備前岡山城 ■一時は栄華を誇った宇喜多家ではあったが、  直家の父の代には、すでに没落 […]

久武 親直

長宗我部家

ひさたけ ちかなお?-? 名称:彦七、内蔵助 ■久武昌源の二男。  長宗我部元親・盛親の二代に仕えた  重臣。  長宗我部家家臣団一の軍略家として  活躍した久武親信の実弟。 ■1579年、兄・親信が戦死したことを  受 […]

久武 親信

長宗我部家

ひさたけ ちかのぶ?-1579 名称:親定、内蔵助居城:高岡群佐川城 ■久武昌源の長男。  長宗我部元親が最も頼りにした  長宗我部家家臣団一の切れ者。  元親の土佐一国平定戦で欠く  ことのできない活躍を見せた、  智 […]

吉田 重俊

長宗我部家

よしだ しげとし?-? 名称:備後守居城:土佐香美群上夜須城 ■長宗我部家の重臣。  長宗我部家の宿敵・安芸高虎が  長宗我部家の根城・岡豊城を奇襲した  時、重俊は手勢を率いてこれを撃退  する抜群の軍功を立てた。 ■ […]

福留 儀重

長宗我部家

ふくとめ のりしげ1549-1586享年38歳。 居城:土佐田辺城 ■長宗我部家重臣・福留飛騨守親政の  子。  土佐一の勇将として名高く、土地の童  話にも歌われたほど。  剛直の士としても知られ、度々、主君・  元親 […]

吉良 親貞

長宗我部家

きら ちかさだ1541-1576享年36歳。 名称:播磨守居城:土佐中村城 ■土佐の熊・長宗我部国親の二男。  吉良家に養子に入り、吉良家の家督を  継ぐ。 ■土佐中村の一条家攻略戦で活躍。  一条家の土佐高岡郡の蓮池城 […]

香宗我部 親泰

長宗我部家

こうそかべ ちかやす1543-1593享年51歳。 名称:安芸守居城:土佐香宗城→土佐安芸城 ■長宗我部国親の二男として誕生。  長宗我部元親の実弟である。 ■1558年、父・国親の外交戦略により、  親泰は香宗我部家の […]

長宗我部 国親

長宗我部家

ちょうそかべ くにちか1504-1560享年57歳。 名称:千熊丸、信濃守居城:土佐岡豊城(おこう) ■長宗我部兼序の嫡子として誕生。  長宗我部元親、吉良親貞、  香宗我部親泰の実父。 ■1508年、父・兼序が本山、山 […]

長宗我部 盛親

長宗我部家

ちょうそかべ もりちか1575-1615享年41歳。 名称:千熊丸、右衛門太郎、宮内少輔、    土佐守居城:土佐浦戸城 ■四国の英雄・長宗我部元親の四男とし  て誕生。  四国一の英才と称えられた兄・信親の  戦死後、 […]

長宗我部 信親

長宗我部家

ちょうそかべ のぶちか1565-1586享年22歳。 名称:千雄丸、弥三郎居城:土佐岡豊城 ■四国の覇者・長宗我部元親の嫡男とし  て誕生。  幼き頃より、英才の妙味を現し、父・元  親はじめ、長宗我部家臣団から栄華成  […]

長宗我部 元親

長宗我部家

ちょうそかべ もとちか1539-1599享年61歳。 名称:弥三郎、宮内少輔、土佐守、    従四位下、少将、土佐侍従居城:土佐岡豊城→土佐大高坂城→    土佐浦戸城 ■土佐の雄・長宗我部国親の嫡子として  誕生。   […]

小笠原 康弘

北条家 徳川家

おがさわら やすひろ1531-1597享年67歳。 名称:兵部少輔、播磨守、康広 ■小笠原兵部少輔元続の子。  父・元続は、京都で名を馳せた兵法家であったが、北条氏康の招きに応じ、関東の地に降り立つ。   それ以来、後北 […]

狩野 泰光

北条家

かのう やすみつ?-? 名称:大膳亮、飛騨守 ■後北条家の重役・評定衆の一人で、北条家の政務面を担当した文官重役である。  御馬廻衆にも列し、伊豆連台寺などを領して500貫余を有した。

富永 直勝

北条家

とみなが なおかつ1509-1564享年56歳。 名称:弥四郎、神四郎 ■後北条家家臣団の一つ江戸衆に列した。  「小田原編年録」に記載されている神  四郎直勝がそれで、伊豆西土肥などで  1300貫余を領した。

猪俣 邦憲

北条家

いのまた くにのり?-1590 ■北条氏邦の重臣。  1589年、信州上田城主・真田昌幸と北条氏との間で上野沼田の地をめぐり、抗争が起こると、天下人・豊臣秀吉の裁定により、抗争解決が成ったが、邦憲は、真田氏の隙を突き、領 […]

上田 憲定

北条家

うえだ のりさだ?-? 居城:武蔵松山城 ■上田朝直の子。  父・朝直が落ち目と成った扇谷上杉家を見限り、急成長を遂げる後北条家に寝返り、それ以降、上田家は北条家家臣として活躍。 ■北条家への寝返り後、父・朝直、兄・長則 […]

松田 康長

北条家

まつだ やすなが1537-1590享年54歳。 名称:助六郎、兵衛大夫居城:伊豆山中城 ■小田原衆に列した松田康定の子。  康長は、御馬廻衆に列し、相模中郡  荻野郷などを領し、500貫余を有した。 ■1590年、豊臣秀 […]

垪和 康忠

北条家

はが やすただ?-? ■垪和氏続の子。  松山衆に属し、相模国中郡沼部郷、上州の地など1100貫余を領し、北条家中の大身であった。 ■評定衆の一人に列し、軍役130人を有した。  康忠は小田原城の奉者を務め、越後の上杉氏 […]

垪和 氏続

北条家

はが うじつぐ?-1580 名称:又太郎、伊予守 ■垪和は、芳賀とも塀賀とも書く。  松山衆に属し、松山衆の指揮官  として活躍。知行1000貫余を有し、  松田氏、大道寺氏、遠山氏ら並び  北条家重臣の家柄である。 ■ […]

笠原 美作守

北条家

かさはら みまさかのかみ?-? ■北条家伊豆衆の筆頭を勤める。  西郡多古などに400貫余を領有した。  1555年3月21日付の裁許印判状に  おいて、清水康英とともに評定衆に  列して署判を加えている。

内藤 綱秀

北条家

ないとう つなひで?-? 名称:孫四郎、大和守、左近将監、大和守居城:相模津久井城 ■内藤家は代々、甲斐の国境にある津久井城主を勤め、後北条氏の領土拡大にともないこれに帰属し、そのまま津久井城主を勤めた。  津久井城の周 […]

笠原 康勝

北条家

かさはら やすかつ?-? 名称:能登守、平左衛門尉 ■武蔵小机城代・笠原越前守信為の子。  1554年2月の加島合戦で松田憲秀、  北条氏繁らとともに北条軍の先鋒を  勤めた。

清水 康英

北条家

しみず やすひで?-1591 名称:太郎左衛門尉、康実、上野介、    上野守居城:伊豆下田城 ■清水康英は、後北条家の祖・北条早雲に従い伊豆に入国した伊豆奥郡代・清水家の三代目である。   後北条家開祖以来の譜代重臣の […]

安藤 良整

北条家

あんどう よしなり?-? 名称:正季、豊前守、豊前入道 ■後北条家の奉行として活躍。  北条氏康、氏政、氏直の三代に仕え、  すぐれた事務手腕を発揮した。  1569~1588年まで二十数点の多き  にわたって、奉者とな […]

遠山 政景

北条家

とうやま まさかげ?-1580 名称:弥六郎、右衛門大夫、甲斐守、胸関 ■遠山綱景の子。  父・綱景と兄・隼人佑が1564年の第二次  国府台合戦で討死すると、その跡目を  継ぎ、江戸城代をも務めた。 ■1580年3月2 […]

遠山 綱景

北条家

とうやま つなかげ?-1584 名称:藤九郎、隼人佑、甲斐守、丹波守居城:武蔵江戸城 ■江戸城代・遠山直景の子。  後北条家二代目当主・北条氏綱の  偏諱を受け、綱景と名乗る。  父・直景より家督を譲り受け、江戸城  代 […]

成田 氏長

北条家

なりた うじなが?-1595 名称:下総守居城:武蔵忍城→下野鳥山城 ■武蔵忍城主・成田長泰の嫡子。  天文年間に父・長泰が関東一円に  勢力を拡大してきた北条氏康に  帰属した。 ■1566年、父・長泰が寵愛する二男の […]

松田 憲秀

北条家

まつだ のりひで?-1590 名称:尾張守 ■松田左馬助盛秀の子。  松田康光の実兄である。 ■1550年代に松田家の家督を相続した憲秀は、後北条家の宿老として活躍。  1559年頃の小田原衆筆頭を勤め、3000貫弱もの […]

大道寺 直次

北条家 徳川家

だいどうじ なおつぐ?-? ■大道寺政繁の子。  母は、遠山氏の娘。   後北条家が滅亡後、母方の遠山姓を名乗り、隠遁していたが、1634年に徳川三代目将軍・徳川家光に召し出されて、旗本となり、甲斐国内に1000石を拝領 […]

大道寺 政繁

北条家

だいどうじ まさしげ?-1590 名称:政重、駿河守居城:武蔵河越城→上野松井田城 ■大道寺盛政の子。  大道寺家は北条早雲が一介の浪人の時より、ともに力を合わせて、出世を目指した大道寺太郎の後裔であり、後北条家発祥以来 […]

北条 氏繁

北条家

ほうじょう うじしげ1536-1578享年43歳。 名称:善九郎、左衛門大夫、常陸介、康成居城:相模玉縄城→武蔵岩槻城→下総飯沼城 ■後北条家の中興に活躍した北条綱成の子。  元服にあたり、康成と名乗ったが、後に改名   […]

北条 氏勝

北条家

ほうじょう うじかつ1559-1611享年53歳。 名称:左衛門大夫居城:相模玉縄城 ■北条氏繁の子。  祖父に北条家の中興に活躍した北条  綱成がいる。北条氏舜の実弟。 ■1578年、玉縄城主であった父・氏繁が  没す […]

北条 氏規

北条家

ほうじょう うじのり1545-1600享年56歳。 名称:助五郎、左馬守、美濃守居城:伊豆韮山城→相模三崎城→    上野館林城 ■北条氏康の四男。  上に氏政・氏照・氏邦と兄がいる。  母は氏康の正室(今川氏親の娘)。 […]

北条 綱成

北条家

ほうじょう つなしげ1515-1587享年73歳。 名称:勝千代、孫九郎、道感、福島綱成    (くしまつなしげ)居城:武蔵川越城→相模玉縄城 ■今川家家臣・遠江土方城主・福島正成(くしままさしげ)の子。  1521年1 […]

北条 氏綱

北条家

ほうじょう うじつな1486-1541享年56歳。 名称:新九郎、左京大夫居城:伊豆韮山城→    相模小田原城 ■北条早雲の嫡子として誕生。  母は、小笠原氏の娘。  北条幻庵の実兄。 ■後北条家二代目当主でありな   […]

北条 早雲

今川家 北条家 足利家

ほうじょう そううん1432-1519享年88歳。 名称:伊勢新九郎盛時、長氏、    早雲庵宗瑞、伊勢宗瑞 居城:駿河興国寺城→伊豆韮山城→    相模小田原城 ■伊勢の浪人から戦国大名にのし上  がった、戦国屈指の下 […]

北条 氏照

北条家

ほうじょう うじてる1540-1590享年51才。 名称:藤菊丸、大石源三氏明、由井源三、陸奥守居城:武蔵滝山城→下総栗橋城→下野祇園城→    武蔵八王子城 ■北条氏康の二男として誕生。氏康は、関東一円に北条氏の領土拡 […]

北条 氏直

北条家

ほうじょう うじなお1562-1592享年31才。 名称:国王丸、新九郎、左京大夫、    見性斎居城:相模小田原城 ■北条氏政の嫡男として誕生。  母は武田信玄の娘・黄梅院である。 ■1577年、氏直16歳の時、常陸小 […]

北条 氏政

北条家

ほうじょう うじまさ1538-1590享年53歳。 名称:乙千代丸、左京大夫、相模守居城:相模小田原城 ■関東屈指の名将・北条氏康の嫡男  として誕生。  幼き頃より、平凡な振る舞いをして  、父・氏康より将来を危ぶむ酷 […]

北条 氏康

北条家

ほうじょう うじやす1515-1571享年57歳。 名称:伊豆千代丸、新九郎、左京大夫    、相模守 居城:相模小田原城 ■後北条家二代目当主・北条氏綱の  嫡男として誕生。  母は、伊豆の地侍・朝倉氏の娘。 ■祖父・ […]

大友 親貞

大友家

おおとも ちかさだ1535?-1570享年36?歳。 ■大友宗麟の実弟。  1570年、肥前一円に勢力を張る龍造  寺氏を討ち果たすべく、兄・宗麟は大  軍を擁して肥前に出立。親貞はこれに  従い、兄・宗麟に代わって、戦 […]

大内 輝弘

大内家 大友家

おおうち てるひろ1520?-1569享年50?歳 名称:氷上太郎、定葱 ■大内政弘の孫。政弘の二男・高弘  の子。   大内義隆に周防から追放処分を受け、  豊後の大友氏を頼った。  大友氏の客将となった輝弘は、大友氏 […]

高橋 鑑種

大友家

たかはし かねたね1528?-1579享年52?歳。 名称:左衛門大夫、左衛門尉、三河守居城:筑前宝満城→豊前小倉城 ■大友一族として活躍した。  しかし、主君・宗麟の傍若無人な  悪政に耐え切れず、謀叛を起こす。    […]

臼杵 鑑続

大友家

うすき あきつぐ1520?-1561享年42歳 名称:太郎、安房守居城:筑前好士岳城 ■大友氏の最盛期を築き上げた豊州  三老の一人に列した臼杵鑑速の兄。   大友氏最盛期を迎えるための基盤作り  に貢献した。  筑前の […]

臼杵 鑑速

大友家

うすき あきすみ1538-1574享年47歳。 名称:越中守居城:豊後水ヶ上城 ■大友氏最盛期を築き上げた豊州三老の  一人。  主君・大友宗麟の加判衆を勤めた。  大友氏の外交を担当し、京に上洛して  将軍・足利義晴に […]

立花 鑑載

大友家 立花家

たちばな あきとし1522?-1568享年47?歳 名称:弥十郎、山城守居城:筑前立花城 ■立花家は大友宗家の六代目当主・  貞宗の長男・貞載が立花家を興した  のが始まり。  別名”西大友”と呼ばれた。  鑑載は立花家 […]

佐伯 惟教

大友家

さえき これのり1525?-1578享年54?歳 名称:太郎、紀伊守、紀伊介居城:豊後栂牟礼城→伊予野村白木城 ■大友氏の家臣として活躍。  宗麟の怒りをかい、一時、四国の  伊予へと亡命していたが、後に許さ  れ、大友 […]

吉弘 鑑理

大友家

よしひろ あきただ1520?-1571享年52?歳 名称:太郎、左近大夫、伊予守居城:豊後屋山城 ■大友氏最盛期を築き上げた豊州三老  の一人として大友家中に君臨した。   鑑理は臼杵鑑速、吉岡長増とともに  三老として […]

高橋 紹雲

大友家

たかはし じょううん1547?-1586享年40?歳 名称:孫七郎、鎮種居城:豊前小倉城→    筑前宝満城(支城岩屋城) ■大友家最盛期を築いた豊州三老の  一人、吉弘鑑理の二男として誕生。   高橋家を継ぎ、高橋紹雲 […]

立花 宗茂

大友家 立花家

たちばな むねしげ1567-1642享年76歳。 名称:千熊丸、統虎、鎮虎、宗虎、    正成、親成、尚政、俊正、経正、    信正、左近将監、羽柴柳川侍従、    飛騨守、立斎、従四位下居城:筑前宝満城(支城岩屋城)→ […]

立花 道雪

大友家 立花家

たちばな どうせつ1513-1585享年73歳。 名称:八幡丸、左衛門大夫、伯耆守、    戸次鑑連(べっきあきつら)、    紀伊入道、丹後入道、麟白軒居城:豊後鎧岳城→筑前立花城 ■戸次家の出。  14歳で戸次家の家 […]

田北 鑑生

大友家

たきた あきなり1500?-1561享年62?歳 名称:弥十郎、大和守居城:豊後日差城 ■大友一族の庶流である田北家の出。  代々、田北家は大友氏の加判衆を勤  めており、鑑生も宗麟の加判衆を勤め  ている。 ■宗麟の有 […]

吉良 統栄

大友家

きら むねひで1563?-1600享年38?歳 ■大友一族の庶流である足利吉良家  の出。  大友義統の側近として活躍。  1600年、関ヶ原合戦の際に義統が西  軍に属すと大友軍は中立の立場を取  って侵略を続けていた […]

志賀 親次

キリシタン 大友家

しが ちかつぐ1566-1660?享年95?歳 名称:太郎、親善、少左衛門尉、湖左衛門尉、ドン・パウロ居城:豊後岡城 ■大友一族の庶流である北志賀家の出。   代々、志賀家は大友氏の加判衆を  勤めており、祖父・親守、父 […]

木付 鎮秀

大友家

きつき しげひで1538?-1580享年43?歳 名称:六郎、美濃守、紀伊守居城:豊後木付城 ■大友一族の庶流である北志賀家の出。  代々、大友氏の加判衆を勤めており、  鎮秀も大友義統の加判衆を勤めてい  る。 ■15 […]

志賀 鑑隆

大友家

しが あきたか1530?-1588享年59?歳 名称:常陸介入、兵庫頭、兵庫助、越後守居城:豊後南山城 ■大友一族の庶流である南志賀家の出。  代々、志賀家は大友氏の加判衆を  勤め、鑑隆も一時、大友義統の加判衆  を勤 […]

田原 親宏

大友家

たわら ちかひろ1520?-1579享年60?歳 名称:次郎、親実、常陸介居城:豊後飯塚城 ■田原家は大友一族の庶流の出であり、  大友氏一族に列した。   1534年、豊後で大内軍と戦った勢場  ヶ原合戦で初陣を果たし […]

一万田 鑑実

大友家

いちまだ あきざね1530?-1588享年59?歳。 名称:次郎居城:豊後一万田館城 ■豊後南部を領した有力な大友一族の  庶流の出。  一万田家は代々、大友家の加判衆を  勤めており、鑑実もまた1578年から大  友義 […]

菊池 義武

大友家

きくち よしたけ1506?-1554享年49?歳。 名称:菊法師、左兵衛佐、従四位下、    大友重治居城:肥後隈本城 ■大友義長の子。  大友義鑑の実弟で、大友重治と名  乗った。  肥後の菊池氏が家督争乱を起こすと  […]

大友 義鑑

大友家

おおとも よしあき1502-1550享年49歳。 名称:次郎、五郎、親安、親敦居城:豊後大友館代城 ■大友義長の子。  1515年、弱冠14歳で家督を継ぎ、  豊後大友宗家二十代目当主となる。   家督を継いだ年に豊後直 […]

大友 義統

大友家

おおとも よしむね1558-1610享年53歳。 名称:長寿丸、吉統、宗厳居城:豊後大友館城→豊前竜王城 ■大友宗麟の長男。  1576年、父・宗麟より大友家の家督を  譲られる。  大友氏が最盛期を迎えた時期に家督   […]

大友 宗麟

キリシタン 大友家

おおとも そうりん1530-1587享年58歳。 名称:塩法師丸、五郎、新太郎、義鎮、    宗滴、上左衛門督、    ドン・フランシスコ居城:豊後大友館代城→豊後臼杵城 ■大友義鑑の嫡男として誕生。  若き宗麟は、傍若 […]

ページの先頭へ