あしな もりきよ

1490-1553 享年64歳。

官位:遠江守

蘆名盛舜は、足なし第15代目当主。

蘆名盛高のことして生まれる。母は上杉房定の娘。

1521年(永正18年)2月、盛舜の兄にして蘆名家14代目当主であった、蘆名盛滋が死去したことで、盛舜が家督を継ぐ。

家督を相続した直後に松本氏の反乱が起き、その首謀者である松本大学とその弟・藤左衛門を盛舜は打倒し、さらに猪苗代氏の反乱も鎮圧し、家中の安定を成した。

その後、盛舜は、伊達稙宗、相馬顕胤と同盟し、岩城氏や結城氏と対抗して、福島中通り方面への領土拡充に努めた。

1541年(天文10年)、子の盛氏に家督を譲り、隠居した。盛氏の活躍を見守りつつ、1553年(天文22年)没した。享年64歳。